nisso技研

ホールドビスクランプ注入工法

ホールドビスクランプ注入工法は、タイル外壁のはらみ浮き補修工法です。

タイル直張り下地モルタルの浮きを、タッピングピン+エポキシ樹脂で強力にタイルの落下を防止する工法です。(特許工法)

 

 

【施工前】          【面材取付】

施工前 面材取付

 

【ビスクランプ注入後】    【完成】

ビスクランプ注入後 完成

 

JKテラピン工法

JKテラピン工法は、タイル陶片浮き補修の決定版

無振動・低騒音の特殊ドリルを使用するので、日中の作業や病院施設等での施工も可能。穿孔部は特殊キャップで仕上げるので、目立たずタイルの意匠性を損ないません。

 

【無振動ドリル穴あけ状況】  【座掘り状況】   

無振動ドリル穴あけ状況 座掘り状況 

 

【JKテラピン打込状況】    【エポキシ樹脂注入工法】

テラピン打込状況 エポキシ樹脂注入状況

 

【化粧キャップ取付状況①】  【化粧キャップ取付状況②】 

化粧キャップ取付状況① 化粧キャップ取付状況②

 

【完了①】          【完了②】

完了1 完了2

【完了③】

完了3



Copyright (C) Nisso Giken Co.,Ltd. All Rights Reserved.