nisso技研

看板

優れたタイル剥落防止機能【抜群な耐震性】

近年ますます耐震補強工事の必要性が求められています。
しかし補強工事だけではタイルの剥落事故を防ぎきることはできません。

 

JK-セライダー工法は、短繊維を混入した特殊アクリル樹脂と特殊アンカーピンで躯体と緊結する、タイル落下防止防止工法で、阪神・淡路大震災クラスの震動にも耐えるばかりでなく、JK-セライダーの皮膜は防水性に富み、なお且つ透明ですのでタイル張り外壁の風合いを損なわない画期的工法です。

水平加力試験 <タイル張り外壁の比較>

写真はクリックで拡大

一般的なタイル張り外壁のタイル状態   JKセライダー工法施工のタイル状態
001   002
タイル正常枚数 : 22枚/200枚
タイル剥落枚数 :124枚/200枚
タイル浮き枚数 : 54枚/200枚
(含亀裂4,欠け6)
  タイル正常枚数 : 34枚/200枚
タイル剥落枚数 :  0枚/200枚
タイル浮き枚数 : 166枚/200枚
(含亀裂27)
1   2
ばらばらに崩れ落ち 下地にも亀裂が!   タイルの落下は全くなく安全

 

ピンニングにより剥落防止

タイルの外観を損なわす、ピンニングにより剥落防止を行います。

工事工程

写真はクリックで拡大

21 22 23
1)現状 2)穿孔 3)穿孔状況
24 25 26
4)JKテラピン挿入 5)JKテラピンからエポキシ樹脂注入 6)JKテラピン完了
27 28 29
7)タイル洗浄作業 8)JKコートシーラー塗布 9)JKセライダー1回目塗布
30 31 32
10)JKセライダー2回目塗布 11)JKトップコート1回目塗布 12)JKトップコート2回目塗布
33    
13)完成    

 

[詳細] 日本樹脂施工協同組合ホームページ


←コンクリート建造物の改修 ←耐震工事 ←ライニング工事

↑TOP

 



Copyright (C) Nisso Giken Co.,Ltd. All Rights Reserved.