nisso技研
01 02 03
炭素繊維補強 鋼板補強 包帯補強(SRF工法)

建築物の耐震化は、生命・財産を守るために重要なこと。耐震診断・改修をされることをお勧めします。
当社での実績をより有効に活用していただくためさまざまな情報とノウハウで迅速かつ着実に補強工事に協力させていただいております。

 

炭素繊維補強プロセス

写真はクリックで拡大

b1

b2

b3
 1)現状 2)下地調査 3)炭素繊維貼り
b4    
4)完成    

 

ピンネット工法プロセス

写真はクリックで拡大

11 12 13
1)現状(浮き・ひび割れ注入後) 2)プライマー塗布 3)下塗り
14 15 16
4)ネット取り付け 5)押え塗り 6)アンカーピン固定
17 18 19

7)アンカーピン固着

(エポキシ樹脂注入)

8)中塗り 9)上塗り
20    
10)完成    

 

[詳細] コニシ株式会社ホームページ


←コンクリート建造物の改修 ←JK-セライダー工法 ←ライニング工事

↑TOP

 



Copyright (C) Nisso Giken Co.,Ltd. All Rights Reserved.